心理的ケアによる回復のために 

2017, 01. 28 (Sat) 23:07

精神的不調は、多くの場合は過去の傷つき体験と言えると思います。挫折、失敗、恐怖体験、トラウマなど表現はさまざまです。
トラウマケアの本を読んでいるのですが、その中に簡潔にこれらの体験の回復段階がまとめられていました。
ジュディス・ハーマンによる回復の3段階
1.安全・安全の確保
2.再体験
安心できる関係の中で、語ったり書いたりして過去を再体験する
3.社会的再結合
社会的なつながりを作る
メアリー・ハーヴェイによる回復の7段階
1.記憶想起の過程の主体者になる
2.記憶と感情の統合
3.感情耐性
4.症状統御
5.自己尊重感とまとまりのある自己感
6.安全な愛着
7.意味を見出す
(赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア)
白川美也子/著
アスク・ヒューマン・ケア
不登校など対人、社会不適応からの回復のための対応指針とも言えると経験的に思います。
関連記事
スポンサーサイト