いま、ここ しかない  

2016, 11. 28 (Mon) 23:50


NHK Eテレ 100分で名著という番組があります。
詳しくは

100分で名著
今回は仏教の曹洞宗開祖の道元の著作「正法眼蔵しょうぼうげんぞう」です。
先日の第3回の放送で、講師の「ひろさちや」がお釈迦様の言葉を紹介していました。
人の生き方を示唆するものとして感銘を受けました。
過去を追うな、未来を求めるな。
過去はすでに過ぎ去ったのだ。
未来はまだやって来ない。
あなた方は、今なすべきことをしっかりせよ。
2500年前のお釈迦様の言葉として、
こうはっきりと諭されていたら、本当はカウンセラーはいらないのかもしれません。
心理援助はお釈迦様の弟子であるお坊さんで事足りたとは思うのですが、現状は???
心理的なことで生きづらさを抱えている人は、
自他のことで過去に囚われているか、将来に怯えているかのどちらかでしょう。
人によっては過去にも囚われて、将来に怯えていて
今できることも手に付かない状態であるといえるでしょう。
今を生きる
これが悟りというものの本質で、心理的な健康の核といえます。
目標や計画は必要だとは思いますが、それがあれば十分とはいえません。
人生はいつだって「いま、ここ」しかないとお釈迦様は説いています。
私たち凡人はどうしても過去、未来を思いわずらってしまうものですが
過去、未来のことは置いて「いま、ここ」に集中して生活したいですね。
カウンセリングは「いま、ここを生きる」そのお手伝いとなるものと思います。
(宗旨宗派は問いません)
ご予約お待ちしております(メニューページへ))
ありがとうございました。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

愛着とトラウマ 

2016, 11. 27 (Sun) 02:15

シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)というのは、
念を持ちながら行動することで起こるもののようです。

念 
このところ、子どもの心理的援助にもどかしさを持っていました。
解消したい!解決の糸口が見つかったら幸せだと思っていました。

行動
行きつけの、とある所の方を訪ねてみました。
その方から出版ホヤホヤの課題図書をいただきました。

わからないところがあるから説明してくれと頼まれました。
ページを読み進めてみると、
解決の糸口となりそうな文章が書かれていました。

私達は5歳までの記憶はあまり覚えていないものです。
それでも親や周囲との人間関係のあり方が、
生涯の発達に大きく影響をもたらしていると言われています。

12のよくある発達上のテーマは今後のセラピーだけでなく子育てにも、
重要な意味を教わった気がします。

一部紹介しておきます。

1.泣くこともしがみつくことも、子どもの最も基本的なコミュニケーション法である。
  親がそれに対してホッとするように応答すると、子どもの健康な有能感と自尊心が育つ。
2.幼い子どもは、親を喜ばせたい強い欲求をもっているが、親はあまりそれに気づいていない。
3.分離不安は振りまわそうという気持ちの表れではなく、むしろ、愛情と喪失への恐れの表れである。
4.幼い子どもは、親の愛情と承認を失うことを恐れている。
5.幼い子どもは、親のようになりたくて、親の真似をする。
6.子どもは、親が怒り、動揺する時や、物事がうまくいかない時に自分を責める。
  幼い子どもが自己中心的に物事を捉えることの情緒面の副産物と理解できる。
  ある結果の原因を探るとき、自分の役割を過大に捉えすぎてしまう(Piaget,1959)
(省略)
12.親子間の葛藤は避けられないものである。
   親と子は目指すものが違うし、人格や発達課題も異なるからである。
   親子が、互いの目標や願いは自分のそれとは異なるが、
   等しく正当なものであると認めたうえで、葛藤を解決するために協力していこうとする時、
   葛藤は貴重な発達的機能を果たす。

日本はまだまだ乳幼児精神保健という支援分野が遅れていると思います。

「虐待・DV・トラウマにさらされた親子への支援ー子ども−親心理療法」より

続きを読む »

伝えると伝わる  

2016, 11. 09 (Wed) 06:31

11月富士

そこに行くだけで元気になれる。
私にとってそんな場所は富士を拝めるところ。
11月に入り紅葉がきれいです。

春日に行けば元気になれる!
そんな場所と存在として認知されたいと思います。
車の整備工場みたいに、こころとからだの定期点検。
さらには創造的なこころに変化できる場所というとしてもありたい。

先日、気光(きこう)整体療法の静岡セミナーに参加してきました。
気光整体は面白いです。
初めて体験された方は「へ~」と驚かれます。

言霊(ことだま)対話徒手確認というのが気光整体の根幹技術なのですが、
「腰や肩などの異常があるところは?」と手を当てて確認していくのです。
病院のMRIやレントゲンで確認してもわからないような内臓の異常までわかってしまいます。

体の異常は、精神的ストレスから自律神経が乱れることでも起こりますが、
「精神的ストレスの影響があれば〇〇で教えて」と口に出して手を当てていくと反応があります。

インターネット検索で日本語でキーワードを打ち込んで確定すると「ポン!」
と検索結果が出るような感覚でしょうか。
言葉でお伝えするのは難しいです。でも伝えていかなければなりません。

ある番組でテレビ通販のジャパネットたかたの元社長の高田明さんが、
はじめて購入されたお客さんのお宅訪問をしていました。
通販番組で買われた商品がどのように使われているか。
がリアルにわかった体験をされて気づきを得ていました。

もっとうまい伝え方があることや、お客さんの使用実感から商品開発のあり方を
気づいたようです。

伝わる技術を磨かなければならない。

この一言に私は、大きくうなずきました。

利用者に何がどう伝わるかを意識して活動をしなければ、
サービスを利用してもらいたくても届きません。

言葉や視覚その他の感性に伝わり、「それほしい!」と思ってもらえるよう
工夫をしていきたいと思いました。

気光整体とカウンセリングの二本柱でしているのは世の中私だけ。
じっくり味わって、「あ〜スッキリした」「悩んでいた答えが見えた」
と言ってもらいたいと思ってやっています。

週1日木曜日がメインの営業しかできないのがもったいない。
いずれ営業日を増やしていきたいと思います。

週1で必要なタイミングに合わなくてごめんなさい!!
という意味も込めて施術料の割引をしています。
下の傍線部をクリックしてご確認ください。

こころとからだのメインテナンスMENU


木曜日以外で応じられる場合もありますので、
お問い合わせください。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
ご縁に感謝します。

こころとからだのカウンセリング春日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村