スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気光整体療法の靭帯理論 足指の大切さ 

2016, 06. 28 (Tue) 00:49

気光整体・カウンセリングのメニューはここをクリック


気光整体療法は、創案者の東陽療整院の高倉英治氏の整体手技の探求から始まりました。
氏の靭帯理論は身体の理にかなっているので、実践されることをおすすめします。



気光整体 東陽のページ


ここでは、足指機能についてかいつまんでご紹介します。

現代の日本の足元の生活は、西洋文明が輸入されて以降は靴、スリッパが中心です。
足指をつっかける癖、かかとが不安定になる靴の履き方の習慣がついています。
わたしの腰痛原因も足指の機能低下が起因していました。

西洋化される前は下駄、わらじなど鼻緒のついた履物や足袋を履いていた生活だった違いがあります。
昔は足指をしっかりと使う歩行をしていたようです。
資料写真を見ても、身体の軸がどっしりしていて安定した身体をしています。
今よりもはるかに自然体で生活をしていたことがうかがえます。

あれこれ詳しく書くと、読みづらくなるので詳細は控えますが、

足指が使えないようになって、身体の外側に重心がかかるようになり、膝痛、腰痛などを引き起こしやすくなっています。
身体はつながっていますので、足の骨の位置がずれたり、かかとがねじれたりして次第に膝、骨盤、背骨へとバランスを保つために影響が流れていくことになります。

改善のためのおすすめは、
1.かかとを固定した状態で靴ひもを結んで靴を履くこと。
2.足指の屈曲運動をして足指の筋肉を鍛えること。
3.足の親指、人差し指が主で地面をつかむように歩くこと。

気光整体では、腰痛、膝痛など自覚症状の出ているところだけではなく、
痛み、歪みが生じている元の足指や手指などまで状態を確認して施術を行っています。
もみほぐしだけでは得られない改善が期待できます。

足底にテーピングをしたり特性の靴下を履くことで日常的にバランスを調えることもできます。

健康寿命は足指・手指に気をつけることから得られます。


靴下 ヤギ足くんのご紹介ページ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

自分を大切にして、人生を開く 

2016, 06. 27 (Mon) 00:29



最近は車で通勤しながら複数の音声セミナーを聞いています。

開業してからの習慣となりました。

自己啓発系のユダヤ人大富豪シリーズなどのベストセラー作家本田健さんが配信している

人生相談 Dear Ken
https://www.aiueoffice.com/dearken

は配信300回を越えていて語り口が穏やかですが、パートナーシップやお金についての学びにあふれています。

お金についての価値観は人それぞれですが、商売人などは小さいときからお金の教育を受けているのだと聞いたときは、ショックでした。お金がすべてではないですが、お金に困らないことは重要なことだと思います。教育格差は家庭の年収にあるという調査結果が発表されたりもしています。

学校では教わらないですよね。だどすると家庭のお金に対する価値観の違いが大きく左右するんでしょうね。これからは学んでいきたいと思います。

300話での対談コーナーは、田淵久美子さん(NHK大河ドラマ「篤姫」、「江 」など)という脚本家でした。
名言だなと思ったので、紹介をしたく聴き起こしをしました。

彼女の大切にしている生き方は、

「自分を否定せず愛する事で、自分と上手につきあう。自分の機嫌をよくすると自分の行くべき道が見えてくる。」ということ。

ご本人のブログがありました。
http://lineblog.me/kumikotabuchi/


精神的な幸せを得るための、生き方の指針となる言葉です。

心理カウンセリングで相談者を援助する際にも、大切にしている指針です。

音声を聴きながら、「そうそう、これこれ!」と指針としてぴったりな言葉で感銘を受け、帰宅後に聞き直しました。

反対に言い換えてみるとすれば、
自分なんかと否定して大切にしない。
自分とのつき合い方が苦手で、下手だと思う。
自分の機嫌よりも周りの顔色や期待を優先している。と自分の行くべき道が見えず迷いが生じる。調子がでない。

となるでしょうか。

反対の言い換えを読んでみると、苦しくなるわたしがいます。

おそらく読まれたあなたも違和感を覚えたのではないでしょうか。

では、もう一度本文を、

「自分を否定せず愛する事で、自分と上手につきあう。自分の機嫌をよくすると自分の行くべき道が見えてくる。」

自分が進みたい人生は、自分を肯定して愛すること、自分の気持ち、感情と上手につき合って、機嫌がいいように選択していく先にあるのです。
人は他者からの影響で育ちの過程で、生き方の癖を身につけてしまっています。

今ここで少し立ち止まって、指針を確認されてはいかがでしょうか?

こころとからだのカウンセリング春日の店舗紹介は、ここをクリックで開きます。強調文

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

珍客と敏感な才能 

2016, 06. 23 (Thu) 19:20

オニヤンマ

今日は珍客がありました。

当院がある蜂の家のセラピールームの縁側にごっつでっかくていかつい鬼柄(黄色と黒)トンボ。
ネットで調べるとオニヤンマ。すずめ蜂も喰らうというので蜂の家には難敵だ!。
でも、山梨県の名産、印伝の柄にトンボ柄があるのですが、勝運の象徴なんだそうです。
と、蜂好きな蜂の家のオーナーに教えてもらいました。
勝ち運をもたらしてくれる吉報の使者と思い込んでありがたく観察していました。

蜂の巣を見て来たのでしょうか?
4時間ほどじっと止まってました。

施術中もじーっと動かずこちらが仕事っぷりを観察されているかのようでした。
ブログを更新し終わったと同時に「パサーっ」とお帰りになりました。

さてさて、本題に。
臨床心理士でスクールカウンセラーとして学校の子どもたちと関わっていると、
教室の中のいすが床にこすれる音や級友たちの声などの不協和音が耐えられないで授業に集中できない子や自分の思い込みが優先されてまわりにおかまいなしに発言してしまう子などがいます。

近年、「発達障害」という言葉が世間一般に認知されてきました。
学校で生きづらさを抱えて、知能検査でアンバランスな結果が出て診断が下るケースが増えてきたように思います。最近では「大人の発達障害」という言葉も広まってきています。

学習や認識機能が平均に比べてかたよりがあるというのが彼らの特徴です。

生きづらさは学校や社会の要請に応えられないという点にあるのだと思います。

注意を受けても改めにくいことから、いじめにつながったり叱責を受けたりと学校でつらい思いをする子どもたちと会ってきました。

身体に注目してみると、彼らはぎこちない動きをしているのが気になりました。
ドッヂボールやサッカーがうまくできなかったり、手先が不器用だったりだけではなく、姿勢のかたよりがあります。

人間転写もできる気光整体の師に、気になる生徒のことを相談したところ、左右の脳の血流、温度差があることが実感できました。なんとも不思議な体験でした。

整体とカウンセリングを両方やりたいと、開業に踏み切った理由のひとつでした。
整体師としての手技と智恵は彼らの役に立つと思ったからです。

彼らの生きづらさの中には、自分の身体のコントロールがうまく行かない理由があるということは、これからの実践や研究で明らかになっていくことでしょう。

聴覚や嗅覚に敏感であったり、視野の機能不全があったり、神経学的な何かがあることは前々から言われてきていました。
感覚統合療法による訓練を受けるという療育プログラムも行われています。

機能の正常化を目指す訓練や施術が彼らの生きやすさにつながることを期待しています。

「発達障害」の診断を受けた人でもそうでない人でも平均的な人間よりも、それぞれの敏感な才能があり技芸術、学術、スポーツで才能を発揮している人たちがいます。

多くの人たちが才能を発揮して活躍できる社会を作る環境づくりも期待したいところです。

つづく。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 山梨県情報へ
にほんブログ村

カウンセリングで変わるもの 

2016, 06. 22 (Wed) 00:40

こころとからだのカウンセリング 春日  詳細はこちら

わたしが誰かに心理カウンセラーですと伝えると、

十中八九聞かれるのが「人の病んでいるのを聴いて疲れませんか?」とか、
「どう処理しているのですか?」というものです。

答えは、思いがいつも以上にこもって頑張ったり、なかなか理解できないときなどは疲れます。

処理は、温泉に入ったり自然豊かな場所にいったり、おいしいものを食べたり飲んだり、
一緒にいて楽な人と過ごしたり様々な自分の好きなことをして処理しています。
時々は、自分の信頼する同業者に聴いてもらったりもします。

でもいつも疲れるかといえば違います。

むしろ元気になる場合もあります。
それは双方にうまくやれているなと感じられているときです。

カウンセラーの活躍が新聞記事などに載るときは、「心に寄り添う」活動と表現がよくなされます。

寄り添うという言葉のイメージは、悩む人がいて、その横に座っている二人の絵が思い浮かびます。

二人の心が合体するのではなく、ひとつひとつが並んで問題を眺めているといえます。

カウンセリングの訓練は知的な学びだけではなく体験による学びが重要です。

そこで会得されると思うのが、自分と他者の体験は(似ていても)異なるということを理解することと
他ならぬカウンセラー自身が「わたしという生」を生きているということだと思います。

カウンセラーは悩み溺れそうになっている人がすがるワラなのかもしれません。

どこか客観的に悩む人を見て、自分を見ている冷静なわたしがいたり、こころがとても動くわたしがいたりします。

心理カウンセリングの先駆者の理論も思いながら、その人の身になってみてわたしならどうするか、
どうすれば少しは良い方向に動けそうかということを考えて寄り添っています。

ひとりひとりの人生は、似ているようでも必ず違っていて、
カウンセリングの過程は相談者とカウンセラーが作り出すオーダーメイドなアートのようなものだと思います。

そしてカウンセリングで変わるものは、
自分自身の生に個性を発見し生き始めたり、
社会との折り合いがうまくなって、元気が出やすくなるのだと思います。

人生に悩みはつきものですが、自分とのつき合い方に慣れてくると幸福だったり、
穏やかな日常を手にすることができると思います。

カウンセリングはとても貴重な作業で、
わたし自身も信頼する相手に相談をすることが好きになりました。

悩む人たちの駆け込み寺のような存在になっていければいいなと思います。

こころとからだのカウンセリング 春日  詳細はこちら

梅雨の身体 

2016, 06. 16 (Thu) 23:08

IMG_5839.jpg

今日は梅雨を象徴するようなじめじめとして雨が降ったりやんだりを繰り返してました。
施術ベッドの下にゴザを敷いて、夏モードにしました。

我々現代人は、季節に合った身体に適応していくのが難しくなっているようです。
骨盤が開いたり閉じたり、背骨のある部位が固くなったりして季節に順応するように身体はできているそうなんですが。

梅雨は夏に向けて、放熱ができるようになっていくようなんです。

放熱ポイントは脇腹とひじとひざ。

脇腹は手でもみながら呼吸をして、へそにも気を通すとよいようです。
脇腹が引き締まり、熱が発散できるようになるのがベターです。

大きくゆっくりと息をして身体をほぐしましょう。

気の調整もお手伝いできます。

今週6月18日土曜日は開院します。

予約制ですのでご連絡ください。
施術中や運転中ですんなり電話に出れないことが多いです。

かけ直しますので留守電にメッセージを残してくださると助かります。





こころとからだのカウンセリング春日の詳細はこちら

思いを話すことと話せないこと 

2016, 06. 14 (Tue) 13:32

以前の職場で子育てをされているお母さんたちが集まる会の司会運営をしていました。
今でも保護者相談を学校などで担当しています。

平均的な子どもに比べてという意味で、
発達面で凸凹があるお子さんの保護者や、以前に学校を不登校になっていたお子さんの保護者が集まりました。

1.自分の子どものうまくできないこと
2.親なのに理解できないで関わりがうまくいかないこと
3.学校の教員にうまく関わってもらいたいけどできなかった

大きくとらえてこの3点が悩みとなります。

なんとか状況を打開したいけどと、お悩みの保護者も多いように思います。

先日も「気軽にお話を聴いてもらえるところがあればいいのに。」とこぼすお母さんがおられました。


1995年以降、国や自治体の事業で公立の中学校にはスクールカウンセラーが全校配置されるようになりました。
小学校や高校には一部で、いないことが多いです。

この20年ほどで発達障がい者支援法という法律が施行されるようにもなり、子育ての難しさが際立ってきたように思います。

いじめを経験されたり、家庭学習や学校での学習がうまくいかなかったり、友人関係がうまくなかったり、励ましやアドバイスではどうにも打開できないで悩む親子が相談につながることは今もまだ少ないように感じています。

保護者の集いやカウンセリングに出て、安心安全な場で自分の子どものこと親子関係、学校との関係を話すことが問題の打開につながるケースをたくさん経験してきました。保護者の表情が変わり、対応の工夫を学んで帰られることが重要な要素だと思います。

話すことは思い悩むエネルギーの悪循環から、解放されることになるのだと思います。
家にたとえると、窓を開けて空気の入れ替えをすることに似ている作業だと思います。

生活環境の身近な場所に安心安全に相談できる場が増えることを期待しても、お金が降ってくる訳でもないので自分で開業することにしました。

どうしても有料になりますが、子育て中の保護者を応援したいと思っています。

お気軽にお問い合わせください。

子育て中の保護者割引や学生割引も検討したいと思います。

こころとからだのカウンセリング 春日 店舗紹介はこちら

協力と応援 

2016, 06. 13 (Mon) 00:42

協力と応援を得られる関係がある人は人生の問題解決をしやすいでしょう。

どんな風に協力や応援をしてもらえたらいいかという注文をつけれたらなおよいでしょう。

時に逆効果の応援もあるので、こんな風に応援してくれたら助かるということまでお願いするのです。

応援する人も漠然とするより、応援をしやすいです。

それじゃ応援できないと言われるかもしれませんが。

自分が望む形の応援してくれる人を探すことも人間関係の練習と思えたらいいと思います。

親子関係や仕事の上下関係、仲間関係では暗黙のすれ違いで問題が悪化しています。

思いの確認は大事ですよ。

応援感謝です。
ピンときたら、こころとからだのカウンセリング春日 カウンセリングと整体の予約お待ちしています。

生活運動習慣の乱れ 

2016, 06. 09 (Thu) 00:43


車、携帯電話、パソコン、洗濯機、掃除機、ゲーム
機械を使うことは身体の姿勢を崩すことになるので心したいものです。

以前、小学生の親御さんが携帯ゲームのし過ぎでチックがと、
整体治療を依頼されたことがありました。
眼の使い過ぎだけではなく手指や肘の靭帯などに異常が出ました。

洗濯中にぎっくり腰になったことがあるという人もいました。

私は車に日常的に乗るようになって腰痛が悪化しました。

最近では携帯電話よりスマートフォンと言うようになり大きいサイズで手のほうはスマートではいられなくなりました。

単なるマッサージの筋肉のほぐしでは一時しのぎです。

じっくりと根本部位の異常を解消して理にかなった身体の使い方を覚えなければ身体の異常は戻りにくく、広範囲に広がっていきます。

根本部位は痛みの自覚しているところにあることは少ないようです。

精神的ストレスでも自律神経に異常をきたすと言われています。
ライフイベントの大きな変化で体調を崩すので身体の面からのケアが必要になってきます。

便利な機械に恵まれてくることで、生活の中での運動習慣、つまり身体の使い方が難しい時代になってきました。

経済後進国の人びとも機械の進歩にともない姿勢が崩れて来ているそうです。

健康長寿のお手伝いをしていきたいと思います。

katakori01.jpg

こころとからだのカウンセリング春日


『こころとからだのカウンセリング春日』店舗の紹介はこちら 

2016, 06. 06 (Mon) 23:23

…こころのこえを聴き からだのこえを聴く…

心身の定期的メインテナンスをおすすめします。

山梨県在住の心理臨床現場で活躍する臨床心理士であり気光整体師が、
こころとからだの両面の不調をととのえます
古民家風のオフィスでこころもからだもリフレッシュしてみませんか


◆こころにアプローチ◆
  ~心理カウンセリング~
臨床心理士があなたのきもちの整理のお手伝いをします~
 ・乳児期からの発達心理相談
 (育児ストレス・ひきこもり・不登校・発達障害)
 ・家族関係の悩み
 ・仕事のストレス
 ・対人関係の悩み
 ・自己理解・生きがい 
  など
  ※相談についてプライバシーは守られます
  ※お引き受けかねる相談もあります
 
初回80分 8000円
2回目以降 60分 6000円


◆からだにアプローチ◆
  ~気光整体~
手で全身の異常をたしかめ、原因を探り、気を流すことで心身の不調を解消します。終わった後はスッキリした感じが得られます。マッサージやヒーリング(癒し)効果もあります。
大阪・福井・静岡で8年間修業を積んだ『気光整体療法協会』認定整体師が施術します。

【適応症】
 ・腰痛症
 ・手足の痛み
 ・頭痛
 ・内臓疾患
 ・目の疲れ
  ・精神的ストレス
  ・気の乱れ
 
1回 5.000円(時間は症状によります)


◆からだとこころのセットコース◆ 当店おすすめ
  ~心理カウンセリング&気光整体~
じっくり悩みを聞いたあと、からだの不調を合わせて解消します。
ここでしか体験できない深い癒し(ヒーリング)に導きます。

1セット 約80分 10.000円


~完全予約制~
【電話】050-3634-8369(留守の場合はお名前とメッセージをお願いします。後ほどかけ直します。)
【メール】kotetsucool@yahoo.co.jp
【住所】山梨県甲府市千塚3-9-31 蜂の家

★お電話メールでのご予約お待ちしております
★営業時間10:00〜20:00頃

ご希望のコース、日時をお伝えください。出張施術も応相談です。

IMG_3710 (800x800)

あなたの知らない世界 

2016, 06. 06 (Mon) 00:42

人の考えていることはお見通し。いくら親子でもそれはありえないんです。

1歳の息子は言葉がまだはっきり話せないので、父親であるわたしは、表現している声や身振りで汲み取ろうとしますがなかなか難しいです。

だから、ピッタリと息子の欲していることを正解したときの気持ちよさは格別です。

通じ合えたという感覚が気持ちいいんです。

それも7割方言いたいことが伝わったら、大満足!

子どものことが理解できない。という相談は多いのですが「知っているつもり」も確認してみると大間違いだったりするものです。

人生は、あなたの知らない世界がほとんどなので、発見に満ち溢れているのかもしれません。

それは自分のこころやからだについても言えることです。

整体をしていると、自分では捉えられていない異常がだれでもあるものです。

時々は誰かに自分を委ねて、こころとからだのケアやメンテナンスをすることをおすすめします。

今日は息子のぐずりに手を焼いて疲れました(汗)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。