カウンセリングで変わるもの 

2016, 06. 22 (Wed) 00:40

こころとからだのカウンセリング 春日  詳細はこちら

わたしが誰かに心理カウンセラーですと伝えると、

十中八九聞かれるのが「人の病んでいるのを聴いて疲れませんか?」とか、
「どう処理しているのですか?」というものです。

答えは、思いがいつも以上にこもって頑張ったり、なかなか理解できないときなどは疲れます。

処理は、温泉に入ったり自然豊かな場所にいったり、おいしいものを食べたり飲んだり、
一緒にいて楽な人と過ごしたり様々な自分の好きなことをして処理しています。
時々は、自分の信頼する同業者に聴いてもらったりもします。

でもいつも疲れるかといえば違います。

むしろ元気になる場合もあります。
それは双方にうまくやれているなと感じられているときです。

カウンセラーの活躍が新聞記事などに載るときは、「心に寄り添う」活動と表現がよくなされます。

寄り添うという言葉のイメージは、悩む人がいて、その横に座っている二人の絵が思い浮かびます。

二人の心が合体するのではなく、ひとつひとつが並んで問題を眺めているといえます。

カウンセリングの訓練は知的な学びだけではなく体験による学びが重要です。

そこで会得されると思うのが、自分と他者の体験は(似ていても)異なるということを理解することと
他ならぬカウンセラー自身が「わたしという生」を生きているということだと思います。

カウンセラーは悩み溺れそうになっている人がすがるワラなのかもしれません。

どこか客観的に悩む人を見て、自分を見ている冷静なわたしがいたり、こころがとても動くわたしがいたりします。

心理カウンセリングの先駆者の理論も思いながら、その人の身になってみてわたしならどうするか、
どうすれば少しは良い方向に動けそうかということを考えて寄り添っています。

ひとりひとりの人生は、似ているようでも必ず違っていて、
カウンセリングの過程は相談者とカウンセラーが作り出すオーダーメイドなアートのようなものだと思います。

そしてカウンセリングで変わるものは、
自分自身の生に個性を発見し生き始めたり、
社会との折り合いがうまくなって、元気が出やすくなるのだと思います。

人生に悩みはつきものですが、自分とのつき合い方に慣れてくると幸福だったり、
穏やかな日常を手にすることができると思います。

カウンセリングはとても貴重な作業で、
わたし自身も信頼する相手に相談をすることが好きになりました。

悩む人たちの駆け込み寺のような存在になっていければいいなと思います。

こころとからだのカウンセリング 春日  詳細はこちら

梅雨の身体 

2016, 06. 16 (Thu) 23:08

IMG_5839.jpg

今日は梅雨を象徴するようなじめじめとして雨が降ったりやんだりを繰り返してました。
施術ベッドの下にゴザを敷いて、夏モードにしました。

我々現代人は、季節に合った身体に適応していくのが難しくなっているようです。
骨盤が開いたり閉じたり、背骨のある部位が固くなったりして季節に順応するように身体はできているそうなんですが。

梅雨は夏に向けて、放熱ができるようになっていくようなんです。

放熱ポイントは脇腹とひじとひざ。

脇腹は手でもみながら呼吸をして、へそにも気を通すとよいようです。
脇腹が引き締まり、熱が発散できるようになるのがベターです。

大きくゆっくりと息をして身体をほぐしましょう。

気の調整もお手伝いできます。

今週6月18日土曜日は開院します。

予約制ですのでご連絡ください。
施術中や運転中ですんなり電話に出れないことが多いです。

かけ直しますので留守電にメッセージを残してくださると助かります。





こころとからだのカウンセリング春日の詳細はこちら

思いを話すことと話せないこと 

2016, 06. 14 (Tue) 13:32

以前の職場で子育てをされているお母さんたちが集まる会の司会運営をしていました。
今でも保護者相談を学校などで担当しています。

平均的な子どもに比べてという意味で、
発達面で凸凹があるお子さんの保護者や、以前に学校を不登校になっていたお子さんの保護者が集まりました。

1.自分の子どものうまくできないこと
2.親なのに理解できないで関わりがうまくいかないこと
3.学校の教員にうまく関わってもらいたいけどできなかった

大きくとらえてこの3点が悩みとなります。

なんとか状況を打開したいけどと、お悩みの保護者も多いように思います。

先日も「気軽にお話を聴いてもらえるところがあればいいのに。」とこぼすお母さんがおられました。


1995年以降、国や自治体の事業で公立の中学校にはスクールカウンセラーが全校配置されるようになりました。
小学校や高校には一部で、いないことが多いです。

この20年ほどで発達障がい者支援法という法律が施行されるようにもなり、子育ての難しさが際立ってきたように思います。

いじめを経験されたり、家庭学習や学校での学習がうまくいかなかったり、友人関係がうまくなかったり、励ましやアドバイスではどうにも打開できないで悩む親子が相談につながることは今もまだ少ないように感じています。

保護者の集いやカウンセリングに出て、安心安全な場で自分の子どものこと親子関係、学校との関係を話すことが問題の打開につながるケースをたくさん経験してきました。保護者の表情が変わり、対応の工夫を学んで帰られることが重要な要素だと思います。

話すことは思い悩むエネルギーの悪循環から、解放されることになるのだと思います。
家にたとえると、窓を開けて空気の入れ替えをすることに似ている作業だと思います。

生活環境の身近な場所に安心安全に相談できる場が増えることを期待しても、お金が降ってくる訳でもないので自分で開業することにしました。

どうしても有料になりますが、子育て中の保護者を応援したいと思っています。

お気軽にお問い合わせください。

子育て中の保護者割引や学生割引も検討したいと思います。

こころとからだのカウンセリング 春日 店舗紹介はこちら

協力と応援 

2016, 06. 13 (Mon) 00:42

協力と応援を得られる関係がある人は人生の問題解決をしやすいでしょう。

どんな風に協力や応援をしてもらえたらいいかという注文をつけれたらなおよいでしょう。

時に逆効果の応援もあるので、こんな風に応援してくれたら助かるということまでお願いするのです。

応援する人も漠然とするより、応援をしやすいです。

それじゃ応援できないと言われるかもしれませんが。

自分が望む形の応援してくれる人を探すことも人間関係の練習と思えたらいいと思います。

親子関係や仕事の上下関係、仲間関係では暗黙のすれ違いで問題が悪化しています。

思いの確認は大事ですよ。

応援感謝です。
ピンときたら、こころとからだのカウンセリング春日 カウンセリングと整体の予約お待ちしています。

生活運動習慣の乱れ 

2016, 06. 09 (Thu) 00:43


車、携帯電話、パソコン、洗濯機、掃除機、ゲーム
機械を使うことは身体の姿勢を崩すことになるので心したいものです。

以前、小学生の親御さんが携帯ゲームのし過ぎでチックがと、
整体治療を依頼されたことがありました。
眼の使い過ぎだけではなく手指や肘の靭帯などに異常が出ました。

洗濯中にぎっくり腰になったことがあるという人もいました。

私は車に日常的に乗るようになって腰痛が悪化しました。

最近では携帯電話よりスマートフォンと言うようになり大きいサイズで手のほうはスマートではいられなくなりました。

単なるマッサージの筋肉のほぐしでは一時しのぎです。

じっくりと根本部位の異常を解消して理にかなった身体の使い方を覚えなければ身体の異常は戻りにくく、広範囲に広がっていきます。

根本部位は痛みの自覚しているところにあることは少ないようです。

精神的ストレスでも自律神経に異常をきたすと言われています。
ライフイベントの大きな変化で体調を崩すので身体の面からのケアが必要になってきます。

便利な機械に恵まれてくることで、生活の中での運動習慣、つまり身体の使い方が難しい時代になってきました。

経済後進国の人びとも機械の進歩にともない姿勢が崩れて来ているそうです。

健康長寿のお手伝いをしていきたいと思います。

katakori01.jpg

こころとからだのカウンセリング春日